ふるさと納税のススメ

ふるさと納税 という言葉を耳にすることも多くなってきた。

(実際には年末の方が報道される頻度が高いかも)

 

私も、ここ数年ふるさと納税を活用している。

ふるさと納税を簡単におさらいすると、

「自分が住んでいない自治体(自分の住民票が無い市町村等)へ、ある一定金額以下の寄付(年収や扶養状況等によって異なる)をした場合、<寄付した金額マイナス2000円>分が所得税・住民税から控除され(納めるべき所得税や住民税が安くなる)、更に自治体から返礼品を得ることができる」 というものである。

簡単にいうと、(ある一定金額までは)

実質2000円で返礼品を受け取ることができる制度である。

 

 

 

ふるさと納税」をしたことが無い人向けにもう少し説明する。

◆寄付金額の上限

先に書いたように、自分の年収や、扶養状況、家族構成に左右されるので下記サイト等で確認するとよい。

私の条件(年収850万程度、共働き(=妻は私の扶養ではない)、15歳以下の子供1名)

では13万円程の寄付まで可能だ。(寄付自体はいくらでも可能だが、実質2000円で返礼品と手に入れるという意味では13万円程度が上限だ)

 

◆寄付のタイミング

この寄付は、ひとつの自治体へ一度に寄付する必要はなく、少額づつ、複数の自治体へ  時期を分散して寄付しても良い。

対象とする年の1月頭~12月末までの寄付の合計金額がポイントだ。

ただ、12/31 23:59までをその年の寄付として認めるかどうかは自治体に依る。

だいたいは12/28の17時まで等と最終営業日等で区切っているので注意が必要。

 

◆寄付する自治体の選び方

「ふるさとチョイス」等のサイトで確認すればよい。

金額や返礼品、地方 毎に選ぶことができる。

www.furusato-tax.jp

 

◆税金の控除申請方法

自治体から送られてくる寄付証明書を添付して必要事項を記載した確定申告書を作る。

これが面倒という人も多いが、やってみると実に簡単。

(このとき、寄付した人の氏名と、控除を受ける人の氏名が異なってはならないので注意)

 

 

ちなみに私のお気に入りの返礼品はビールだ。

6月からビール類の価格の適正化が法規制されるようになったが、もちろんふるさと納税は関係ない。

普段は「第3のビール」で我慢しているが、ふるさと納税のときは、

ここぞとばかりに良いビールを選ぶ。

静岡県焼津市サッポロビール系の返礼品が充実しており、先日30000円の寄付をしてエビスマイスター350ml×48本をゲットした。普通に購入して1万円程度はする品物を実質2000円(30000円寄付するものの28000円分の納めるべき所得税・住民税が減る)

f:id:kimkimkyoto:20170618165040j:plain

 

還元率が良い返礼品をまとめてくれているサイトもあり、実に効率的に良い品物を選ぶことができる。

還元率100%超も!ふるさと納税コスパランキング2017最新版ベスト10! | ふるさと納税特産品還元率ランキング

 

ふるさと納税」自体には、賛否両論あると思うが、個人としては活用すべき節税である。ここまでノーリスクで高利回りな投資はない。

ただ、この「ふるさと納税」を会社の同期に勧めても

「これは良い!すぐやる人」

「なんか面倒そう、難しそう」と言って、やらない人がいる。

私からすれば、後者は1万円札が足元に落ちているのに拾わないのと同じである。

ふるさと納税をせずに、取り返し損ねた税金分を稼ぐ方がよっぽど面倒である

また、普通のサラリーマンは、一生のうちに会社から支払われる金額はほとんど決まっている(出世の有無はあるが、働ける時間の上限は決まっている)ので、上述の取り返し損ねた税金分を新たに稼ぐというのは、ほとんど不可能なのだ。

 

同様のことは、他のもざらにあるので、後者の人間にならないように気をつけたい。

さて、のこりの10万をどこに寄付しようか。

思い込みの人生観からの解放

人生 思い込みというものは怖いものだ

思い込みが生じる原因は、偏った価値観の中で生きていることが原因な気がする。

 

・結婚して

・子供を授かり

 ・家を買い

・定年まで働く

・老後のことは、具体的にはあまり考えていない

なんとなく、そんな人生観の中で生きている人は多いのではないだろうか?

 

刷り込まれている人生設計、誰が考えたのか、誰が刷り込んだのか、

よくわからないが、良くできた刷り込みだと思う。

 

人口減少する国家を維持するためには、まずは子供を産まないといけない。

 

そして消費維持ために(お金の流れを産むために)家を買わせる必要がある。

 

家を買ってしまったら、子供が一人立ちした後でも、何があっても

(ローンを返すまでは)働きづづけないといけない。

働きづづけるために、終身雇用が維持されている大企業に群がる。

カッコよい車を所有して、言い人生を歩んでいる気になる。

ストレス発散のためにお酒を飲む。

結果、目いっぱい税金(所得税、固定資産税、自動車税、酒税等、、、)を払って国家を維持する。

 

それがこの世に生れてきた意味なんだろうか。

この刷り込みから解放させてくれた一冊がある。

「金持ち父さん 貧乏父さん」

である。知っている人は知ってる有名な本だと思うが、これを読んだときの衝撃は半端なかった。あと10年早くであっていれば、また違う人生が選べたかもしれない。

 

この本では、資産構築について書いてある。

超概要を書くと、以下の①~⑤の手順を踏めば良い。

① 働いて資金をためる。

② ①の資金を頭金としてローンを組んで資産(不動産等の不労所得を生むもの)を購入する。

③ ②の資産が生むお金でローンを返済して、完全な資産を得る。

④ ②の資産が生むお金を用いて、新たな資産を購入する。

⑤ ③~④の繰り返しで資産が拡大する。

 

衣食住に必要な収入があれば、勤労から解放され自由な人生を楽しむことができる。

 

よくワイドショーとかで平日の銀座でリポータから質問を受けているおしゃれな格好をしたマダムがいる。勝手に、大企業の総合職幹部の奥様 だと思い込んでいたが、その程度じゃ銀座のマダムになれない。

彼女らには十分な資産があるのだ。

(資産がある人と結婚したのか、資産を相続したのか、自ら構築したのか)

資産があるから、働く必要もなく、余裕で銀座をうろうろできるのだ。

話が逸れてしまった。

 

まだ32歳足らずだが、自由には十分な資産が必要条件であることはほぼ間違いなさそうだ。

日々、資産構築に向けて奮闘している(いわゆるマイホームは資産でない)

そして子供が大きくなる前に、この本をプレゼントしたい。

 


 

 

もっと好きなこと、やりたいこと、自由に生きれないのだろうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

過去への後悔と選択の責任

「医者はいいよな」

と思って生活している人は多いのではないだろうか?

以前の記事でも書いたが、私は京都大学出身である。

それなりに色々なものを犠牲にして、努力してきて、今の自分がある。

ただ、そこに待っている現実は、思い描いていたものとは程遠い。

その結果、過去の選択に後悔する。

 

地方でもなんでも良いから

医学部(医学科)に進学すべきだったと。

 

高校の同期で、ロクに努力してなかった(少なくとも私よりはしてないように見えた)ものが、3~4浪くらいして、私立の医学部に合格している。

そこそこマジメ立ったやつも、地方ではあるが国公立医学部に行った。

高校生の私は、医者と一般サラリーマンの年収の差を具体的に把握していなかった。

地方大学に行くなんて、絶対嫌だと思った。

また、都市型大学の医学部(近場では、大阪市立大学医学部とか?)に現役で合格することに一途になれずにいた。

2004年当時は京都大学工学部には二次試験では、私が苦手だった国語がなく、それに甘んじて、また

 京都大学というブランドに目がくらんだだために、京都大学工学部を目指した。

今から思うと、私のような境遇の受験生は多かったのではないだろうか。

 

なぜ、もっとその先のことを考えられなかったのだろうか、と悔む。

 

医者のメリットは、

①給料が圧倒的に高い。

 先ずはこれが最大のメリットだ。勤務医でも月100万円は珍しくないだろう。

人の命を扱う という責任がある というかも知れないが、

人の命を左右する場面苦手遭遇しにくい専門(皮膚科、眼科等)を選択すれば良い。

 

②経営者も医者

製造業の一般企業に勤めている人ならわかると思うが、必ずしも技術者が経営者になるとは限らない。

どちらかと言うと、技術屋を上手く使うことのできる事務屋が出世して、経営者までつめるケースの方が多いのではないだろうか。その結果、製造現場の実態を反映させない経営判断が下されることとなり、技術屋の不満は相当のものとなる。

しかし、医者の世界は違う。専門はそれぞれ違うだろうが皆が医者である。実態は詳細把握していないが、それだけで羨ましい。

 

③勤務地が自己選択できる。

普通の企業の総合職の場合、転勤リスクは常にあり、それだけで子育て 配偶者の就業 親の介護 など人生の重要な問題に悪影響をあたえる。

しかし、医者の場合は、転勤リスクはほとんどないのではないだとうか。間違っても自ら志願しない限り、来月から海外勤務なんてことはあり得ない。海外は極端かもしれないが、関西から関東へ という異動もないだろう。

 

その他あげればキリがない。

ここまで書くと、医者だって大変だ という声が聞こえてきそうな気がするが、それ以上に医者でない人間は大変な状況で生きている。

 

まあ、以上のように羨ましい職業であり、それを選択できる立場にいた人間として後悔が尽きないが、過去のことをどうこう言っても何も始まらない。

そして何より、その選択をしたのは私自身だ。

その選択の結果、待ち受けているものを受け止める必要がある。

私が心がけていのは、

「現状への不満を原動力として、将来を如何に変えていくか」

である。

 

同じような境遇の人は少なくないハズだ。

このブログを通じて奮闘を共有できればと思う。

 

 

 

 

家計見直しと格安スマホ

老後貧乏がもっとも情けなくて、恐ろしい状態だとなんとなく感じている。

・年金支給年齢は後ろ倒し

・日本の人口は減少

・自分の体は弱っていく

こんな状況を乗り切るためには、間違いなく、老後にお金が必要だ。

(老後に、貧しい生活をするなんて、耐えれないですよね?

若い頃に貧しい生活をするのとワケが違います。)

 

お金を蓄えるためには、毎月の家計管理は非常に重要となる。

そして、大体の家計見直し評論家が言うのは、

①交際費の圧縮

②教育費の圧縮

③通信費の圧縮

④保険の圧縮

くらいではないだろうか。(大体の書物やwebサイトにかいてあることはこれだ)

 

ここでは、③通信費の圧縮について考えたい。

より具体的には、格安スマホの導入ということになる。

 

ところで、2週間程度前格安スマホの普及が増える一方で、トラブル相談も増えている

というニュースを耳にした。

こんなはずじゃなかったのに!“格安スマホ”のトラブル−料金だけではなく、サービス内容や手続き方法も確認しましょう−(発表情報)_国民生活センター

 

このニュースに少しいらだちを感じた。

 

間違いなく、大手キャリアの奴隷から脱出し、格安スマホに切り替えたほうがよいのに、格安スマホにネガティブなイメージを与え、国民の判断を間違わせることにつながるからだ。

(おそらく、大手キャリアがスポンサーになっている事案が多くこんなニュースが流れるのだろうと思う)

 

私と妻は、1.5年前にauからDMM.mobileへキャリアを切り替えた。

月々の通信費(通話あり)は、私は2000円以下、妻は3000円前後で推移している。

auだと二人で15000円/月だったのが5000円/月だ。

絶対に一刻も早く格安スマホに切り替えたほうがよい。

大手キャリアの2年縛りなんて気にせずに、切り替えたほうがよい。

(後2,3カ月で縛りが無くなるときは、2,3カ月待った方が良いかもしれないが)

 

店舗が無い、

キャリアの切り替え時に携帯が使えなくなる、

設定が難しい、

simカードにサイズが複数ある、、、等

 

格安スマホに切り替えがたい理由を列挙されることもあるが、

夫婦で1万円/月(=12万円/年、120万円/10年)貯めるのは、どれだけ大変だろうか?

一瞬、少し勉強して、あるいは詳しい友人に聞くだけで、後は普通の生活を送るだけで、上記の金額が勝手に貯蓄されていく、こんなおいしい投資話は無いだろう。

 

格安スマホに切り替えてから、大手キャリアのTV CMを見るたびにホッとする。

特に最近はauのCMが多いような気がするが、こんなCMにお金を払うKDDIの資金の一部になっていなくて良かったと(正確には格安スマホ業者から大手キャリアに、回線レンタル費を払っているから、間接的には支払っているのだが)。

 

話は反れたがとにかく、格安スマホをお勧めする。

そして、他のキャリアは知らないが、DMM.mobileは安くて速度もソコソコである。

 

大体、家に固定ネット回線がある場合、普通の社会人なら2~3GBの通信量で十分。

学割だの、家族割だの、わけわからない割引に惑わされないでほしい。

  

mvno.dmm.com

 

教員の仕事か?

前回の記事にも記載したが、妻は教員をしている。

千葉県に正規採用されてから5年目になる。

昨年まで中学3年生を担当していて、今年も中学3年生を担当。

4月は色々変わるタイミングなので、先生もなかなか忙しい。

 

意外なことで仕事がスムーズに進まないこともあるようだ。

それは、、、

「テプラの取り合い」

一般企業に勤めている私からするとありえないことが起きている。

まず、

「テプラでのシール作成を教員自らがやっている」

という衝撃。

確かに小学校などを思い返してみれば、そういった雑務も先生がやっていたかもしれない。ただ、普通の一般企業ではいわゆる一般職(あるいは派遣)の方が雑務を全てやってくれる。

我々総合職の人間は、(もちろん雑務をやることもあるが)業績改善に関わる業務に集中できるような環境を整えてくれている。

 

また、

「そんな状況が毎年繰り返されるにもかかわらず、テプラ自体追加購入しない体質」

普通のサイズであれば1万円もしないものなのに、、、

教員は(労働基準法の範疇外なのか)残業代が支給されないという、おそろしくブラックな業種であるのだが、それがあるために、テプラネックで帰る時間が遅くなっていることに対してコスト影響がでない仕組みになっている ことが一因か?

 

とにかく、4月はテプラネックで教員(少なくとも千葉県では)は、残業が増えているようだ。

というわけで、

妻用に私物としてテプラを購入した。

個人の物なので、思う存分シール作成という「雑務」ができるため、妻は大喜びだ。

(生徒に破壊されなければ良いのだが)

 

こんな状況じゃ、教員を志す人も減るのも仕方ない。

 

キングジム ラベルライター テプラPRO SR250 ダークグレー

キングジム ラベルライター テプラPRO SR250 ダークグレー

 

 

 

 

二人目は産めるのか?

妻は中学校の教員をしている。

仕事の詳しい話は聞いていないが、職業としては女性進出率も高く、

子育てに対する理解が進んでいる方ではないかと思う。

 

しかし、非常勤講師ではなく正規雇用の立場を維持していることもあり、

かなり忙しい毎日(一息つくまが無い生活)を送っている。

 

1日(平日)の流れは以下の通り。

・6:20 起床(私と妻のみ)

   自分たちの身支度を済ませる。

・6:45 子供を起こす。

・7:20 保育園へ出発(私の役割)

・7:30 保育園に預ける

・8:10 出社

・20:00頃まで勤務

(何もなければ、早く帰ります。実際にはもっと遅くまで働いている人ばかりですが、、、)

・18:50

 妻が子供を保育園に迎えに行く。(保育園は基本は19時まで)

 (妻は仕事がどんなに残っていても18:30までには職場を出ないといけない。

・19:00~20:00

 晩御飯冷凍の白ご飯+野菜カット(トマトやブロッコリー)+土日の作り置きおかず。(平日に作っている暇なんて無し。子供が抱っこ抱っこと大変。(保育園に行っている反動だと思います。。。)

 風呂掃除をした後、風呂を沸かして 子供とお風呂へ。

 風呂掃除をしているときはどうしても抱っこできないため、子供の泣き叫びがマジ大変。

・21:30

 だいたい全員お風呂に入り終わる。

・~22:30

 お風呂掃除、洗濯(もちろん部屋干し)

・~23:00

 子供が寝るまで一緒に子供と遊ぶ。+明日の保育園の準備

・23:30 就寝

 私と妻のどちらかが、持ち帰った仕事を夜中やっています。(不定期ですが)

 

といった流れです。

19:00~21:00は妻が一人でご飯、お風呂、子供の世話等をやらなかればなりません。

 

やはり一人っ子(しかも女)は可哀そうだと思うので、二人目は欲しいのですが、

今の生活スタイルでは、妊娠期間を乗り越えられる気がしないのです。

国は1億総活躍社会 といって、女性の社会進出を促していますし、

私もそれ自体は賛同です。(国の税収入を上げるため としか思えませんが)

ただ、一方で大体の社会問題の根本にある人口減少を緩和するためには出生率を上げなければならない中で、共働き世帯としては1人の子供しか産めない現実が待っている。

 

両親がともに関西に住んでいるため(私は千葉県在住)、親の支援を受け辛いのも一因だと思うが、、、

 

①共働き(共にフルタイム)

②一人目の子供が小さい(2,3歳未満)

③お互いの両親が遠方に住んでいる

という条件の人で、二人目を産んでいるor妊娠している人と一度お話してみたい。

 

 

年収のイメージと現実

前回の記事でも書いたが、今年32歳になる年齢だ。

社会人になるまでは、一流の大学に出て一流の企業に入れば将来安泰 というような

刷り込みイメージ(漠然とした人生観)の中で生きてきた。

小学校から塾に通い(他の友達が遊びまくっているときでも)、机にしがみついて勉強してきた。1000万円稼げれば、勝ち組的な生活が送れると思っていた。

 

しかし、現実は大きく異なっている。

自慢するわけではないが、現役で京都大学へ入学→京都大学院(留年なし)、

東証一部上場会社 大手メーカ総合職へ就職した。

刷り込まれていた勝ち組イメージの通りに歩んできた。この4月で入社8年目。

昨年の年収(額面)は850万円程度。

老後の資金をためるには、少なすぎる。具体的な計算はしていないが、

昔(自分の親世代)の年収1000万円と今の年収1000万円が全然違うんでしょうね。

社会保険料UP、物価も(デフレという話もあるが)30年前よりは確実に上がっている、消費税もUP、可処分所得という意味では下がっている。

従って、自分の稼ぎだけでは、家族は悠々自適な生活が送れるはずもなく、(将来そうなる気もせず)、妻には働きに出てもらっている。

妻は出産後、子供が2歳になる前から、職場復帰している。

ちなみに、ありがたいことに妻は正社員として勤務中。

従業員就業規則等をみると、時短勤務という制度は存在するものの実際に使っている人はいないらしく、形骸化しているため、フルタイム(残業あり)の正社員である。

その裏返しで収入面では、年収(額面)500万円程度ある。

夫婦合わせて1350万円の年収だが、必死に子育てしながら、必死に働きながらの額だ。

これでも未だ、のんきに海外旅行になんて行けない。新車なんて買えない。

親に旅行をプレゼントすることもできない。

 

悠々自適の生活を送るはずだったのに、、、(死ぬほど困っているわけではないが)

こうなってしまった理由は、自らの努力が足らなかった(もちろんそれもあるが)

だけではなく、選択の結果だと考えている。20年前の自分に教えてあげたい。

京都大学まで出て、一部上場メーカ総合職に入ったとしても、

私と同じような状況、想いになっている人はたくさんいるんじゃないでしょうか?

 

また別の機会に、これまでの人生の選択について、振り返ってみたい。 

 

headlines.yahoo.co.jp